キャッシングVarietyで色んな疑問を解決!!

キャッシングとカードローンて同じ?

かつてはキャッシングといえば消費者金融での借り入れで一括返済。
カードローンといえば銀行での借り入れで分割返済。

というようなイメージを持たれることが多かったのですが、
現在では、消費者金融でもカードローンという商品名において、
分割返済(リボ返済)。そして銀行のカードローンでも、
もちろん一括返済が可能ですから、両者の違いについては、
明確な線引きはほぼないといっていいでしょう。
根本の意味はキャッシングローンとはを見ればわかるかと思います。

カードローンのほうが新しい呼び名

しかし、カードローンという呼称はキャッシングよりも新しいもので、
かつてキャッシングの借り入れによって多重債務者が増えたり、
自己破産や債務整理にまで追い込まれる人が多かった時代があったせいで、
キャッシングという言葉自体のイメージが、あまり良くないものとして
捉えられがちであるといえます。

そういった経緯から、消費者金融などでもイメージアップを狙って、
内容的にはキャッシングと変わりがない融資を、
あえてカードローンという呼称へとシフトしてきている傾向も多く見受けられます。

消費者金融と銀行の関係

もうひとついえるのは、かつて銀行での融資は、ある程度の規模のある企業や
ある程度大口の融資であり、また消費者金融での融資は、
個人向けの小口融資であり、両者の顧客層には明らかな違いがありました。

しかし、長引く不況から銀行での大口融資ができるような企業、
もしくは個人は減少の一徒をたどります。
また消費者金融も、融資を希望する顧客はいるものの、
総量規制やグレーゾーン金利の撤廃などの影響から、
資金繰りが厳しい状況へと追いやられます。

そこで、銀行の資金力と、消費者金融の個人向け融資に関しての、
審査のノウハウを融合することで、両者は生き残りを模索します。
このような背景から、近頃ではよく見かけるようになった、
いわゆる銀行系の消費者金融が誕生するわけです。

つまり銀行と消費者金融の融資の線引きもあいまいとなってきていることから、
より一層キャッシングとカードローンをわけて考えることは、
非常に難しくなってきているといえるでしょう。基本的にどのキャッシング会社もキャッシング用の
カードを発行してカードを使って引き出します。同じ意味で考えておいても大丈夫だと思われます。