キャッシングVarietyで色んな疑問を解決!!

消費者金融銀行ローンの特徴とは

消費者金融銀行ローンと銀行系のローンについてしばしば比較されます。
この二種類のローンの違いは、総量規制の対象となるか否か
によるところに大きな違いがあります。

まず、総量規制の導入によって条件によっては借り入れが厳しくなり、
また借り入れが甘くなっています。顕著な例が専業主婦です。

専業主婦は消費者金融銀行ローンにおいては総量規制対象となるため、
配偶者の同意がなければ借り入れをすることができなくなりました。

条件を満たしていれば審査がゆるい

総量規制という新たに導入された制度については、
借り入れに際しての制限が厳しくなったようにも見えますが、条
件をみたすものに対しては逆に審査が緩くなり、
借り入れが容易に行えるようになりました。

専業主婦の場合、収入を主に配偶者の収入に依存している面が大きいため、
結果として借り入れが厳しくなってしまいました。

ただ、総量規制というのは収入の3分の1までしか借り入れができないということなので、
消費者金融銀行ローンでは収入が多ければ多いほど
それだけ高額な借り入れを行うことになったことが分かります。

総量規制でNGな場合は銀行系を

専業主婦が借り入れを行いたい場合は、
総量規制対象外となる銀行系のローンの利用が可能です。
消費者金融銀行ローンの場合、銀行系のカードローンに比べると
審査が甘くなっていて借り入れがしやすいです。

その反面、銀行系のカードローンよりも金利が高くなっているので
返済計画をしっかりと立てていなければ、
金利の返済に手こずってしまうことがあるので注意が必要です。